講演プロデュース

スポーツ選手が講演を依頼されることはよくあります。

講演は、スポーツ活動の普及、ご自身をPRする手段としてとても有効です。

また、講演料は副収入としても魅力的です。

更には、障害者アスリートの方は、障害者理解や障害者にとってのより良い社会づくりへの啓発・願いを伝える場としても有効です。

しかし、スポーツ選手は、話すのが苦手、シナリオや資料を作ったことなどない、という方がほとんどです。

日本伴走家協会では、スポーツ選手、特に障害者アスリートの方へ講演プロデュースを行っております。


講演プロデュースとは、

①講演テーマの検討

②講演シナリオの作成

③ドキュメント作成(パワーポイント・スライド作成)

④講演指導(立ち居振る舞い・演出)

をサポートいたします。コーチング・カウンセリング的アプローチによる面談を通じ、ご自身の持ち味、エピソード。伝えたいことなどを引き出し、整理します。具体的に依頼者(テーマ・対象者)が決まっている場合は、依頼者のニーズにこたえられる適切なストーリー作りをお手伝いいたします。


■「講演プロデュース」サポートの流れ

①ヒヤリング

②サポートメニューの計画ご提示

③お見積・ご契約

④サポート実施

 1)テーマの洗い出し

 2)依頼者のニーズに応じたシナリオづくり

 3)ドキュメント作成

 4)講演練習

⑤講演後の振り返り

※その他、講演への当日同行、司会進行・ファシリテーター役などの援助も可能です。


■費用 ご相談ください(内容により異なります)